社員インタビュー

interview

厳しい先輩からの指導をこなしているうちに、自然と困難に立ち向かう力がついた

N.K

入社5年目

仕事の内容を教えて下さい。

当社では主に大きな製品の製缶・板金や溶接などを行っております。私が担う工程はレーザーやタレパンでカットされた鋼板を曲げ、鋼板を3次元の立体構造にする作業です。

大きな製品に対して要求される精度は非常に細かいため、決して雑な作業はできません。数メートルの大きな鋼板に対して1/10ミリ単位での曲げ精度が必要なので慣れるまではすごく苦労しました。

入社してから何が大変でしたか?

工場で働くのは初めてだったので最初はどんな作業や技術が必要なのか検討もついていませんでしたが、先輩の言うとおりに作業を行っているうちに知らずしらずのうちにノウハウが身についていました。

工場の先輩というと厳しいイメージがありますが、私の先輩は優しく指導してくれたし、難しい仕事にも一緒に取り組んでくれました。1〜10まで全て教えてくれるわけではなく、工夫が必要な箇所は正解にたどり着くまで色々と頭を使って考えさせられましたね。

入社を検討されている方へのメッセージ

私の場合、頼りになる先輩と共に仕事をしているうちに、気がついたら工場内でのサバイバル術が身についていました。「富士工は現場のレベルが高い」とお客様に言っていただけることが多いですが、初心者からスタートした私でも何とかなっているので正直レベルが高いかどうかはわかりません(笑)

現場では日々製品を作り上げるまでに色々な課題がでてきます。自分を含めたチームの力で解決することを求められるので大変なことも多いですが、やる気があれば何とかなります。また、ある程度の仕事をこなしているうちに新しいことができるようになっている自分に気が付きます。そういう時は本当に嬉しいのですし、その喜びを共有できる仲間の加入を待っています。